山岳遭難者の五割が60歳以上。2012/09/17 22:51

夏山シーズンは終わろうとしているが、
山岳遭難の数は増え続けているという。

記録によると、
15年前の1997年の遭難者数は815人。
昨年2011年は2204人となっている。

この登山者の遭難は、
中高年によるものが圧倒的に多い。

40歳以上の遭難者の割合が、
97年は75パーセント、
11年は77パーセントで、
ほとんど変わりはない。

だが60歳以上の遭難者は、
97年は33パーセント、
11年は51パーセントとなっている。
つまり、山で遭難する人の半分は、
60歳以上の人なのだ。

遭難原因も、以前は急所での「転滑落」がトップだったが、
現在は「道迷い」がトップ。
体力不足による「転倒」も急増している。

高齢者の方が山を登られるのは、
とてもいいことだと思うけれど、
それなりの技術と体力にあった山登りを、
楽しんでいただきたいものだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック